冬休みの宿題は少なめに

色々考えたのですが、やはり、冬休みの宿題は少なめにしました。

この時期、受験生さん以外は、親戚の方へのご挨拶や旅行の予定が入っている事が多く、学校から出ている宿題もいっぱいあるので、少しでもいいかな?と思ったからです。

宿題プリントをたくさん出さなくても、みんな、教室以外の勉強も自主的にやっているので大丈夫。

勉強が習慣になってしまえば、お子さんたちは自分で目標を決めて頑張れるもの。

それに、遊ぶことも大切なのだと私は思います。

それもゲーム機ではなくて、体を使った遊びです。

集中力は付きますし、瞬時に戦略を考えるような遊びは、必ず他の事にも活かされるもの。

「戦略」は、別の言葉に言い換えれば「計算力」と言う事もできますしね。

 

 

来年は1月5日からスタートなので、ちょっとのんびりできますね。

年明けから各学年の残りのプリントを全部やって、総仕上げに入ります。

早いお子さんは半年ぐらいで学年相当の教材が終わり、どんどん先に進んでいますが、一応、このお子さんもチェックしておきましょう。

中学生さんになるお子さんには、中学準備教材を始めます。

中学に入ると内容が急に難しくなってしまうので、この中学準備教材がとてもおすすめです。

冬休みとは言っても、新学期に向けて準備が山積み。

この冬休みに、一つ一つやっていきましょう。
 

 




 

 

 

冬休みの宿題は少なめに