学研教室の忘年会でのお話

18日に忘年会がありました。

参加者は、学研教室の講師だけで続けている「スキルアップゼミ」のメンバーだけ。

 

初めての忘年会、たくさんのお料理をいただきながら、他の教室の情報も知る事ができました。

場所は立川のBistro Flatcafeだったんですが、すごくいいお店でした。

 

特に3種類のお肉が美味しかったですよ♪

 

 

 

この忘年会で隣の席になったのは、経験豊富な国立市の先生。

国立市の教室では、いつも会員さんが楽しそうに勉強をしています。

 

しかも、有名進学塾を含める他塾さんから移ってくる事も多いという噂。

お酒が入って、中学生さんのお話も色々聞けました。

 

そこの教室で、中学コースのページで掲載しました教科書対応ワークの国語を、定期考査(昔は定期テストと呼んでいました)の直前に、「ちょっとやってみる?」と中学生さんにやらせてみたところ、それまで平均点程度だった中学生さんが、突然、学年トップの成績を取ったそうです。

 

中学生さんは、

「ちょうどやった所が、そのまま出てきたんだよ」と言ってたそうです。

 

他にも、数学が20点台だった中学生さんが、同じように教科書対応ワークをやってみたら、突然70点台にまで上がったそうです。

 

すごいですね。

もちろん、この教材をちゃんとやればの話です。

 

実は、うちの教室でこの教材を使用するつもりだったんですが、現在通っている中学生さん2人が精神的に教材を受け入れられなくて、なかなかできませんでした。

 

ちょっとだけ教科書対応ワークをやって、あとはプリント学習。

もちろん、テストの点数はやった分(時間ではなく内容)が数値になるものです。

 

そのため、今の中学生さんは緩やかに成績を上げているところ。

 

教科書対応ワークは、学研本社の研究により定期考査の対策として作られた教材ですので、この教材を頑張る事ができれば一番早いのですが、精神的に無理なお子さんに対しては、まずは精神面を解決しなければならないもの。

 

なので、ゆるやかに成績を上げながら、少しずつ勉強量を増やしていき、教科書対応ワークをしっかりできるようにしていきたいと思っています。

 

来年度は、この教科書対応ワークがフルに活用できると思います。

また、四谷町教室にガチャポンを置くようになったのも、この国立の先生に相談してからのこと。

 

以前は宿題をまったくやってこないお子さんがいて、宿題を減らしてあげたら、他の一生懸命にやっているお子さんが目にいっぱい涙を浮かべて、

 

「なんで私だけ宿題がいっぱいあるの?」と聞いてきたんです。

 

 

その子に宿題をいっぱい出しているわけではありません。

どうしてもやってこないお子さんの宿題を、できる量に減らしただけでした。

 

国立市の先生は、

「やった分だけご褒美がもらえるような物があったらいいんじゃない?うちの教室はガチャポン置いてるわよ。いっぱいやったらガチャポンができると思えば不平等感も無くなるだろうし、やる気になるんじゃないかなあ?」と、アドバイスをしてくれました。

 

おかげで、すごい効果が・・・。

他の先生方とお話していると、本当に勉強になります。

 

忘年会はその後二次会に続き、楽しむことができました。

来年のスキルアップゼミは、国語や英語の学習についてやるようです。

(今年はずっと算数&数学)

 

 




 

 

 

学研教室の忘年会でのお話

5 件のコメント

  1. 学研四谷町教室

    とっこさん

    こんにちは。

    iコース(5教科)について確認してみたのですが、これからiコースの体制が変わるかも知れないという事で、しばらくは分からないそうです。

    恐らく高校コースが新しくできる関係なのだと思います。

    本社の方で検討中らしいので、何カ月かかるか分かりませんが、分かり次第トップページでお知らせします。

    今通われている学研教室の面談時に、恐らく教科書対応ワークについてお話があると思いますので、その時に他の教科についても質問してみて下さい。

    これからも学研教室をよろしくお願いします。

    メールアドレスを載せますので、何かありましたら遠慮なくご連絡下さい。

    pigmon0915@jcom.zaq.ne.jp

  2. 四谷町教室 投稿者

    またまたコメントをありがとうございます。

    とっこさんのお子さんが通われている教室にiコースがあるかどうか分かりませんが、理科社会についてはiコースもおすすめです。

    タブレットを購入していただく必要がありますが、iコースは5教科の学習を自宅で行う事ができます。

    もしもiコースのない教室でしたら、近隣の教室のiコースが受けられるかどうかを確認してみます。

    iコースも、理科社会は教科書に沿って進行していく事が可能です。

    休み明けにでも事務局に確認をして、またお知らせします。

    (本音を言うとiコースの数学はおすすめできないですが)

    四谷町教室 相川

  3. とっこ

    相川様

    こちらこそ、ご丁寧な返信をありがとうございました。
    実は今の学研は2つ目で、最初に行っていた教室は先生の引っ越しで閉室することになり、同じ市内の違う学研に移って2年がたちます。
    前の学研の先生とは年齢も近く色々話したこともあるのですが、中学生は授業内容に沿っていないとどんどんやめて行ってしまうため、英語などは先生独自のプリントを作り、教科書の内容をやっていると言っていました。
    その頃はまだ、教科書ワークはなかったのかもしれませんね。
    学研は料金も良心的で、プリントはよくできているし先生はとても熱心です。個別のように先生の当たりはずれもありません。(しかも個別は高い。。)

    でも、やはり中学に入ると他の塾に移る子が多いと、今の先生もおっしゃっていましたが、出来れば学研を続けたいです。
    やはり先生に教科書対応ワークをメインでやってほしいとお願いしてみます。

    理科や社会の講座も始まるということを、こちらのブログで初めて知りました。
    でも、今の先生は年配なので理科や社会を今からやるということはなさそうですが・・
    これからも定期的に拝見させていただきます!

  4. とっこ

    はじめまして。
    現在6年生で3年生から学研教室に通っています。
    中学以降塾をどうするか、学研教室は特に算数教材がとても気に入っており随分力もつきましたが、英語が教科書準拠ではないという話を1年ほど前に先生に聞き、迷っています。

    子供はマイペースなのんびり屋で、学校の英語の教科書の内容と別の事(単語含め)を並行してやるのはきついのではないかと思っています。
    英語も、教科書準拠のワークを使って指導してくれる塾に移るべきかと迷っています。

    数学は単元ごと、学校の教科書の順番でやってくれるので良いのですが、現在も国語の漢字などは学校で習う順序とは違うため、学研で漢字をやってもプリントに書いているだけで覚えておらず、結局学校の漢字テストに合わせて漢字を覚えるので、変な言い方ですが二度手間だと感じていました。
    (読解はとても力がついています)

    同じことが、英語の単語で起こるのではないか。
    そんな不安を持っています。

    学研の先生には、2月ごろに面談をお願いする予定ですが、たまたま検索していてこちらのサイトを見つけ、教科書対応ワークというものがあるのを知りました。
    それは教科書に準拠しているのでしょうか?
    そちらをメインにやってもらえれば、不器用なうちの子でも学研を続けられるかもと思いました。

    面談で先生に、英語は教科書対応ワークをメインでとお願いしてみようかと思っています。

    うちの県はいわゆる推薦に必要な内申は、中1の1学期の成績から反映されます。
    なので、最初から定期考査を頑張っていかなくてはなりません。

    こちらの記事はとても参考になりました。ありがとうございます。
    時間がある時に、中学生のページをじっくり読ませていただきます。

    • 四谷町教室 投稿者

      ご丁寧なコメントを頂き、ありがとうございました。
      教科書対応ワークは去年できたもので、別売(1,080円)になります。
      1年間使用できるものなので、是非、今の担当講師に相談してみて下さい。

      教科書にピッタリ合っている教材ですし、別に単語練習用の教材も付いています。
      単語に関しても教科書にマッチしていますし、学校の宿題で単語を調べるのが大変かと思いますが、この教材に各章の単語と意味が書かれているので、それを見ながらやれば宿題の時間短縮につながります。

      中学校から出される宿題は、現在かなり多くなっていると思うのですが、学校から出される問題集をやりながら教科書対応ワークをやって頂ければ鬼に金棒です。

      たまに中学の試験問題と教科書対応ワークと見比べてみると、どの教科も似たような問題が出されています。

      このホームページでは常に新しい情報をアップしていきますので(一部、本社のホームページよりも早いと思います)、ぜひまた見にいらして下さい。

      学研四谷町教室 相川

コメントは受け付けていません。