やっとブログを更新

 

ちょっとバタバタしていたもので、本当に本当に久しぶりのブログ更新になりました。

 

現在、アフィリエイト4サイトのリニューアルが大変なのと、他社サイトの原稿執筆が忙しく、なかなか教室のサイトに手が回らなかったんですよ。

( 一一)

 

夏休みもあと少しで終わりですね。

現在、みんなでスクラッチをやっています。

 

「あと6ポイント!」「まだ全然!」なんて言いながら、毎年恒例のスクラッチを続ける子供たち。

みんなかわいいですね。

 




 

それと、カレンダーもほったらかしでスミマセン。

このサイトも時期を見てリニューアルしていき、前ページ見やすく整理していきますので少々お待ちください。

 

最近の教室の様子

 

最近は小さい子がいなくなって、小学5年生から高校3年生までのお子さんが通っています。

 

小さい子がなんでいなくなったかと言うと、小さい子がみんな大きくなったというのと、新しい生徒さんが小学校高学年から中高生というのとで、小さいお子さんが入って来ないからなんです。

 

電話で「プリント学習です」と言うと、ハードルが高く感じてしまうようで。

 

同じ学研教室でも、幼児さんがたくさんいらっしゃる教室では幼児クラスを設けているので、きっと、みんなで一斉にやっている方が楽しいのでしょうね。




 

中学生さんはどうかと言うと、もうすぐ2学期の英語が終わるところ。

2学期には3学期の範囲に入ります。

 

体調を崩して勉強するのが大変なお子さんもいますが、その場合はお子さんのペースに合わせながら少しずつ進めています。

お子さんによって色々なので・・・。

 

新しく入った小学生さんは家で全く勉強をする習慣が無かったとの事で、プリントの量が耐えられない様子でした。

これではまずいと、ちょっとプランの見直しもしました。

 

 

現在5年生ですが、学校の内容を簡単に先取りしながら、算数ではすごく簡単な計算問題と1年生の発展問題を続けています。

計算問題は1ケタの足し算と引き算。

 

その子の場合、まずは勉強する事に慣れなければいけません。

計算問題と発展問題で、プリントを全問やり切るという精神力が付くのと、簡単だからこそ一気にできるので集中力がアップし、学力向上の相乗効果が期待できるのです。

 

発展問題は文章問題が多く、この文章を読解できなければ、その先にある高校入試の文章問題を理解する事は不可能。

 

1~2年かけながら、数学の文章問題を自分の力だけで解けるようにしていきます。

 

実際にこの問題をやる事で、問題文をザックリ読んで「分かりませーん」と助けを求める事が無くなるんですよ。

 

今日も「今日は先生に聞かないで、全部一人で出来たー!」と、嬉しそうに喜んでいるお子さんがいました。

 

そうなると私も嬉しいです。

学研教室は「自学自習」のスタイルなので、お子さんたちは自分に合った勉強法を、自分の力で見出していきます。

 

新しく入ったお子さんたちも、少しずつ質問が減っているので、見えてくるものがあるようです。

これからが楽しみですね。

 




 

 

やっとブログを更新